衝撃を受けました「7割は課長にさえなれません」(2) - 農業に転職しました/元半導体技術者の脱サラ就農記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

衝撃を受けました「7割は課長にさえなれません」(2)

「7割は課長にさえなれません」~終身雇用の幻想 著者;城 繁幸さん PHP新書得なければ
という本を読みました。衝撃的です。

日本は高度経済成長期から変わらず年功序列の国である。
年齢とともに給料が上がっていくシステム(最近はそれ程上がらなくなりましたが...)の正社員(正規雇用)と、
景気・会社の業績の変動による人手の過不足を吸収するための非正規雇用(契約社員・派遣社員・パート等)
バブル崩壊までは、若い頃に低い給料で働いても、年を取れば給料が上昇するので取り返せる仕組になっていました。しかし、最近は年を取っても給料はあまり伸びません。

この本の中で、私と同世代の41歳の男性が出てきます。仕事が出来ないわけではないが、課長になれる見込みはない。バブルの末期に入社した世代なので、上に沢山の先輩がいるために、ポストが空かないのです。
一部引用させてもらいますが、
「まだ人生の分岐点前の若手は転職すればすむ話だ。問題は幹部候補選抜を過ぎてしまった40代以上である。彼らはこの先どうなるのだろうか。
 答えは「どうにもならない」だ。子会社が多く、かつ、そこそこ業績に余裕がある大手企業であれば50歳手前で課長にくらいはしてもらえるだろう。だが、そういった余裕のない中小企業(もちろん天下られる側の会社も)では、彼らは文字通り飼い殺しにされるはずだ。
 これは悲劇と言うしかない。人生半ば、40代前半にして、残りの人生を消化試合に充てなければならないのだ。しかも、大学で培った専門教育の内容なんて一度も使わないまま、事務職として朽ち果ててしまうのだから。」

40代前半で窓際族か....?まるで、自分のことを言われているような気がします。

....続きは、また書きます。




↓ 応援御願いいたします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 農業に転職しました/元半導体技術者の脱サラ就農記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。